2005年10月09日

「プラネタリウムのふたご」いしいしんじ ○

プラネタリウムのふたご
いしい しんじ著
講談社 (2003.4)
通常2-3日以内に発送します。


泣き男がプラネタリウムでテンペルタットル彗星の解説をしていたある夜、
ふたごはやってきた。テンペルとタットルと名付けられたそのふたごは、
泣き男に育てられ、強い絆を感じさせていたが、ある一座の到来が二人の道を分けた。

これも期待以上に好きな作品だった。
泣き男の静かなプラネタリウムの解説、幼い二人のやんちゃぶりと見守る人々の
対応などが、私達のいる現実を映している一方で、山と星の夜の不思議な柔らかさを
持っている気がした。歩く道は別れても、テンペルとタットル騙される才能を持ち、
星空の下、6本目の指を繋ぎつづけるふたごだったことが暖かい。
寝しなに読みたい絵本のような静けさを持つ本だと思った。
上手な感想を語れないけれど、とても好きな本だ。

読みやすさ:★★★(★)
読み終わってページ数の意外な多さに驚いたくらいなので、
読んでさえみれば読みにくさを感じる本ではない。
軽過ぎず、重苦しくなく読書を味わえると思う。
posted by ks at 18:33| Comment(2) | TrackBack(4) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。TBありがとうございました!
いしいさんの本って、感想かくのすごく難しいですよね。わかります!
でも私も大好きです!
Posted by chiekoa at 2005年10月11日 14:39
こちらこそコメントありがとうございます。
本当にいしい作品は感想を書きにくいです。
でも、読み手が楽しむことが読書では大事なので
それを考えると読書のための本とは
こういうものかもしれない、とも思えました。
騙されるという才覚、というのが心に響いて
今のところ、いしい作品で一番好きな本です。
Posted by めあり at 2005年10月13日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プラネタリウムのふたご いしいしんじ
Excerpt: プラネタリウムのふたごいしい しんじ講談社 2003-04by G-Tools ひょっとしたら、より多くだまされるほど、ひとって幸せなんじゃないだろうかプラネタリウム大好き。ということで、タイトル..
Weblog: IN MY BOOK by ゆうき
Tracked: 2005-10-09 23:39

プラネタリウムのふたご [いしいしんじ]
Excerpt: プラネタリウムのふたごいしい しんじ講談社 2003-04 プラネタリウムに捨てられた、ふたごの物語です。「テンペルタットル彗星」の解説の最中に捨てたれた彼らは、「テンペル」「タットル」とそれぞれ..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2005-10-11 14:38

いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』(講談社文庫)
Excerpt: いしいしんじ『プラネタリウムのふたご』を読んだ。 たぶん「救い」について書くこと...
Weblog: 書評風-読んだら軒並みブックレビュー
Tracked: 2006-11-13 19:55

『プラネタリウムのふたご』 いしいしんじ
Excerpt: この人の語り口は、とても優しくて、 それだけで癒される。 登場人物もみな、温かな人たちばかり。 どこの国かも、いつの時代かも、分からない。 日夜稼動しているパルプ工場の煙で星の見えない..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2007-03-29 00:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。