2007年11月19日

「叶えられた祈り」トルーマン・カポーティ



カポーティの小説なんだけど、ゴシップ的で私がカポーティの小説に期待するものはなかった。未完の遺作だという。
posted by ks at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。