2005年07月03日

「ルール」古処誠二 △

ルール
ルール
posted with 簡単リンクくん at 2005. 7. 3
古処 誠二
集英社 (2002.4)
通常24時間以内に発送します。



時は1945年、アメリカ軍パイロットのオースティン・スミス大尉は
ルソン島で逃げ回る事しかできないはずの日本軍に撃墜され、無事降下できたものの
日本軍の臨時中隊の捕虜になった。鳴神中尉率いる一小隊と共に行動することになった
オースティン。彼の見たルソン島における日本兵たちの終戦を写す作品。

恥ずかしながら、日本の第二次世界大戦を描いたものをそれほど
多く読んでいるわけではないのですが、これは読み応えもあるし考えさせられました。
これの他で、ルソン・レイテ島戦線の日本兵を描いた作品で思い出すのは
野火なのですが、大岡昇平氏の作品は実体験に基づく主観性が特徴であるのに対し
こちらはアメリカ人であるオースティン・スミスを主要人物に織り込んだ事によって
戦争を肌で知らない世代の私たちから見る日本、になっていたように思います。
多面的に戦争を知る、という目的で、(こういう言い方は好きではありません
が)読む価値は大きい本だと思いました。

読みやすさ:★★★
厚い本ではないし、読んでいて辛い箇所はあっても読みにくいとは思いません。
日頃から本を読む方には★★★★かもしれません。
posted by ks at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4807771
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

古処誠二『ルール』(集英社文庫)
Excerpt: 古処誠二『ルール』を読んだ。 ここ数年、戦争モノがやたら目に付く。映画、テレビ、小説と、メディアを問わず話題作が多いように思う。もちろん、すべてに目を通しているわけでははないけれど、なんとなく感じるの..
Weblog: 書評風 - 読んだら軒並みブックレビュー
Tracked: 2007-05-07 23:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。